印鑑証明をつけて登録した車は立派な財産

印鑑証明をつけて登録した車は立派な財産

印鑑証明書をつけて登録した車は、たとえ廃車寸前で価値はなくても法律上は所有者の立派な財産なので、所有者が死亡したときは相続の対象になります。

 

所有者が死亡すると本人の印鑑証明書は取れませんから、ふつうに売ったり廃車したりすることはで‘きません。

 

残された車在相続して使う、あるいは相続後すぐに売ったり廃車にするときは、相続人が1人で、あればふつうの移転登録(名義変更) や、抹消登録(廃車)に必要な書類に加えて、戸籍謄本と印鑑証明書1通あれば名義変更の手続きができます。

 

軽自動車の場合は、本来は財産なので相続の対象になるはずですが、印鑑証明書がいらないので死亡後でも名義変更は簡単にできます。

印鑑証明をつけて登録した車は立派な財産 関連ページ

相続しない場合は相続放棄申述書を用意
複数の相続人がいても、l人の人が相続する場合は、前述した書類のほかに遺産分割協議書と協議者全員の印鑑証明書、所 […]

トラックバックURL

http://hoplandalehouse.com/wp/wp-trackback.php?p=7

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です