相続しない場合は相続放棄申述書を用意

相続しない場合は相続放棄申述書を用意

複数の相続人がいても、l人の人が相続する場合は、前述した書類のほかに遺産分割協議書と協議者全員の印鑑証明書、所有者と住所が違う人は住民票が必要になります。

 

また、ほかの相続人が相続を放棄したときは、相続放棄申述書があればOKです。

 

ただし、相続人の中に未成年者がいる場合は、未成年者に対して特別代理人を立てなければなりません。

 

この場合、特別代理人であることを証明する家庭裁判所の証明書と、特別代理人の印鑑証明書とが必要になるなど複雑になってきます。

相続しない場合は相続放棄申述書を用意 関連ページ

印鑑証明をつけて登録した車は立派な財産
印鑑証明書をつけて登録した車は、たとえ廃車寸前で価値はなくても法律上は所有者の立派な財産なので、所有者が死亡し […]

トラックバックURL

http://hoplandalehouse.com/wp/wp-trackback.php?p=14

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です